日本共産党の志位和夫委員長は29日、国会内で記者会見し、同日の衆院本会議での「年金カット法案」の採決強行に強く抗議するとともに、同法案と環太平洋連携協定(TPP)承認案・関連法案を通すための会期延長を批判し、両法案を参院で徹底審議のうえ廃案に追い込むために力を尽くしたいと表明しました。志位氏は「年金カット法案」について、「物価が上がったとしても、賃金が下がった場合に年金を下げるという、現行の年