1996年のSACO(沖縄に関する日米特別行動委員会)合意以降の約20年間で、米軍関係者が「公務外」に起こした事件・事故が1万9555件にのぼる一方、SACO合意に基づく見舞金が支給されたのはわずか13件と、全体の0・1%にも満たないことが分かりました。25日の衆院安保委員会で、防衛省が日本共産党の赤嶺政賢議員の質問に答えました。SACO合意では、米国政府による慰謝料の支払いが裁判所の確定判決