日本共産党の紙智子議員は22日の参院環太平洋連携協定(TPP)特別委員会で、TPPが遺伝子組み換え作物の安全性より貿易を優先し、米国や多国籍企業の利益を優先する仕組みに変えられる危険性を告発しました。紙氏は、TPPは未承認の遺伝子組み換え作物の貿易を推進し、未承認作物が混入しても「罰則を含まない」ものだとただすと、石原伸晃TPP担当相は罰則について「各国の判断」と答弁。紙氏は「輸出国の責任をあ