外国人技能実習法と入管法改定が18日の参院本会議で自民、民進、公明、維新などの賛成で可決・成立しました。日本共産党は、外国人技能実習制度の実態が出稼ぎ労働にあるにもかかわらず“技能移転による国際貢献”とされ、実習生が食い物にされている制度の構造的矛盾を解決しないまま介護分野などに制度を拡大するものだとして反対しました。技能実習への介護の追加は、介護サービスの質の低下や、新たなトラブルを招く危険が