熊本大学は10月13日、目の前の相手の話を聞く際、日本人は声を聴くことに集中しており、まず相手の口を見てから声の聞き取りへと進む英米人とは情報処理様式が大きく異なることを明らかにしたと発表した。同成果は、熊本大学文学部認知心理学研究室 積山薫教授、久永聡子研究員、同大学院先端科学研究部医用福祉工学分野 伊賀崎伴彦准教授、村山伸樹名誉教授らの研究グループによるもので、10月13日付けの英国科学誌「Scientific R