27日から本格論戦がスタートした臨時国会で焦点となっている環太平洋連携協定(TPP)をめぐり、審議の前提を揺るがす疑惑が相次いでいます。安倍晋三首相は「TPPは大きなチャンス」(所信表明)などとバラ色に見せて、今国会で批准を押し通す構え。日本共産党はじめ野党は批准強行阻止で足並みをそろえ、追及を強めています。噴出しているTPP疑惑の一つが輸入米の価格偽装です。TPPに関する政府試算の大前提が大