三菱自動車の燃費不正問題で、燃費値の確認試験を行っていた国土交通省は、当初の軽自動車4車種以外の現行8車種でも燃費性能がカタログ値を下回っていたと、2016年8月30日に発表した。かい離幅は「RVR」の約8.8%が最大で、平均は約4.2%だった。国交省は7月以降、現行9車種の燃費性能を独自に測定。「アウトランダー」を除く、「RVR」「デリカD:5」「ミラージュ」「パジェロ」「アウトランダーPHEV」「i‐MiEV」「ミニキャブ・ミ