沖縄県名護市辺野古への米軍新基地建設問題で、翁長雄志県知事の埋め立て承認取り消しについて、安倍晋三政権が、その撤回を迫った「是正の指示」に知事が従わないのは違法だとして起こした「違法確認訴訟」の第1回口頭弁論が、福岡高裁那覇支部で開かれました(5日)。翁長知事は意見陳述で、辺野古新基地の問題は、沖縄県だけでなく、地方自治と民主主義の根幹に関わる問題だと強調しました。新基地建設を強権的に推し進める安倍