ドイツで難民などによる殺傷事件が相次ぎ、難民受け入れの姿勢を続けてきた同国が揺らいでいます。(片岡正明)7月中旬からドイツ南部では事件が立て続けに起こっています。18日、バイエルン州ビュルツブルクでアフガニスタン人の青年が列車の中で乗客におので襲いかかり、5人が重軽傷を負いました。22日にはイラン系ドイツ人が同州の州都ミュンヘンで銃を乱射し、9人が死亡。24日には同州アンスバッハで、コンサート