11月のアメリカ大統領選の民主、共和の二大政党の候補者が決まりました。昨年来の両党の候補者選びを支配したのは、格差拡大と社会的不公正への国民的な怒り、大企業の代弁者に左右され続ける政治への不信でした。既成の政党指導層のコントロールの及ばない変革の運動が発展するとともに、少数派の移民や宗教を敵視する扇動的な主張も勢いづきました。今後、アメリカ政治の変革の方向と可能性が問われます。最賃アップ、TPP