ハワイアン航空は7月23日、7月18日1時32分頃に発生した羽田発ホノルル行のハワイアン航空458便(エアバスA330-200)の羽田空港への緊急着陸について、原因の調査結果を発表。油圧装置の圧力低下は高圧力マニフォルドから作動油が漏れ出たためとし、緊急着陸時にタイヤがロックした状態で停止となったため、メインギア8本中4本のタイヤが破裂したという。同便は羽田空港を7月17日23時50分(定刻: 23時55分)に出発したが、18日0時46分頃