【ハノイ=松本眞志、北京=小林拓也】国際司法機関の常設仲裁裁判所(オランダ・ハーグ)は12日、中国が南シナ海の大部分で管轄権を主張する「九段線」について、国連海洋法条約に基づき法的根拠がないとの判決を出しました。南シナ海問題で拘束力を持つ国際司法判断が示されたのは初めて。裁判はフィリピンが提訴していました。判決は「九段線内の海域で資源に対する歴史的権利を持つという中国の主張は、いかなる法的根拠