原爆症の認定申請を却下された東京都内の被爆者ら6人が、国に処分の取り消しを求めた「ノーモア・ヒバクシャ訴訟」(東京第2次)の判決で、東京地裁(谷口豊裁判長)は29日、6人全員を原爆症と認定し、却下処分を取り消しました。2013年に要件が緩和された新基準をめぐっては、対象外とされた被爆者を認定する司法判断が各地で相次いでいます。弁護団は判決後、日本被団協の提言に沿って、「司法と行政の乖離(かいり