衆参法務委員会で全会一致で可決されていた与党提出の反ヘイトスピーチ法案が24日の衆院本会議で採決され、自民党、公明党、民進党、おおさか維新の会、生活の党、日本共産党などの賛成多数で可決・成立しました。日本共産党はヘイトスピーチの根絶に向けた立法府の意思を明確にする理念法としての意義を評価し、賛成しました。同法は、ヘイトスピーチは許されないと宣言。ヘイトスピーチ防止に向けた啓発・教育活動や被害