日本共産党の本村伸子議員は13日の衆院国土交通委員会で、三菱自動車の燃費性能偽装問題や東亜建設工業の羽田滑走路工事偽装問題について、監督官庁の国交省の責任を追及しました。本村氏は、三菱自動車の燃費性能偽装のもとになった試験で、国交省は同社からの書面のみを検査対象とし、実証実験をしていないと指摘しました。石井啓一国交相が「検査体制の見直しを検討している」と述べたのに対し、本村氏は「自主申告に頼ら