衆院文部科学委員会は11日、「指定国立大学」を創設する国立大学法人法改定案を自民、公明、民進、おおさか維新各党の賛成で可決しました。日本共産党、社民党は反対しました。反対討論で日本共産党の大平喜信議員は、指定された国立大学は特定分野で海外の大学をモデルとした目標設定や大学運営を迫られ、自主自律性がないがしろにされるとのべ、「『指定国立大学』を財界・大企業いいなりの大学のトップランナーにして、高