参院法務委員会は26日、刑事訴訟法等改悪案に関する参考人質疑を行い、奈良女子大学の浜田寿美男名誉教授、立命館大学の渕野貴生教授が、同案は無実の市民を冤罪(えんざい)に巻き込む危険が極めて大きいと警鐘を鳴らしました。日本共産党の仁比聡平議員が「なぜ人はうその自白と共犯者供述を信用するのか」と尋ねると、浜田氏は「普通、うそは暴かれるものだが、虚偽自白は(捜査側に)支えられる。(被疑者が犯行を認めれ