日本共産党の穀田恵二、民進党の安住淳両国対委員長は、18日の衆院環太平洋連携協定(TPP)特別委員会での審議に先立ち、自民党の佐藤勉、公明党の大口善徳両国対委員長と会談し、九州地方で地震が続き、被害が拡大の一途をたどる中、TPP審議は延期すべきだと求めました。与党側は“TPP審議は安倍晋三首相の強い意向だ”と述べて応じませんでした。会談で野党側は、「いま国会がやるべきはTPPの質疑なのか。九州