日本共産党の仁比聡平議員は23日の参院法務委員会で、川崎市在住の社会福祉法人職員で在日コリアン3世の崔江以子(チェ・カンイヂャ)氏が今月、「具体的な実効性ある判断を」と求めたヘイトスピーチ被害に関する国への人権救済の申し立て(16日)について、ただちに調査を行い勧告するよう求めました。崔氏は22日の同委員会で行われた人種差別撤廃法案に関する参考人質疑で、ヘイトデモの恐怖を生々しく語り、与野党議