日本共産党の小池晃議員は24日の参院厚生労働委員会で、東芝の不当な大規模リストラを批判するとともに、失業者が困難に直面しないよう、厚労省と関係労働局が直ちに対策本部を立ち上げるよう求めました。東芝は、昨年11月の不正経理発覚後、全国的な事業撤退・縮小に伴い、約1万4千人の人員削減案を公表しています。小池氏は、厚労省が通知で大量の離職者が発生する場合に義務づけた「雇用対策本部の迅速な設置」がなさ