日本共産党の市田忠義議員は23日の参院環境委員会で建設作業従事者のアスベストによる健康被害について、国や建材メーカーの責任をただしました。市田氏は、関西建設アスベスト京都訴訟の原告の大西利英さんや亡くなった寺前武夫さんの娘からの聞き取りに基づき、被害者がアスベストによる健康被害の教育もされず、排気装置などの対策がない中で作業し被害を受けたことを指摘し、国の対策の不備をただしました。環境庁時代