広島と長崎の原爆被爆者18人を含む9都府県の67人が11日、四国電力伊方原発1〜3号機(愛媛県伊方町)の運転差し止めを求めて広島地裁に提訴しました。原告のうち3人は、再稼働の動きがある3号機の運転を禁止する仮処分を申し立てました。全国の原発差し止め訴訟で、被爆者が集団で提訴するのは初めて。訴状は「伊方原発で事故が発生する可能性は高く、原告は日常的に危険にさらされ、怯(おび)えながら生活しなけれ