日本共産党の志位和夫委員長は3日、次の談話を発表しました。一、国連安全保障理事会は3日、核実験と事実上の弾道ミサイル発射を繰り返した北朝鮮に対し、追加制裁を盛り込んだ決議を全会一致で採択した。わが党は、北朝鮮を核兵器放棄のための対話のテーブルに着かせるうえで、国連安保理による制裁決議は必要と表明してきており、この決議を歓迎する。一、これまでの累次の安保理決議にもかかわらず、制裁措置の履行は