『男はつらいよ』といえば、1969年に第1作が登場して以来、1995年の最終作『男はつらいよ 寅次郎紅の花』まで48作も続いた国民的映画。渥美清さんの演じる寅さんの魅力的なキャラクターは、いまなお多くの人々に支持されています。『「男はつらいよ」の幸福論 寅さんが僕らに教えてくれたこと』(名越康文著、日経BP社)は、テレビのコメンテーターとしてもおなじみの精神科医によるユニークな「寅さん本」。全作を再確認し、そこ