沖縄県の翁長雄志知事は15日、辺野古新基地建設をめぐって国と争う代執行訴訟で福岡高裁那覇支部から勧告されている和解案のうち、「暫定案」について「前向きに検討する旨回答した」ことを明らかにしました。「辺野古に新基地を造らせない」という知事の公約を実現する上で、「暫定案」の検討はどのような影響をもたらすのでしょうか。国は受け入れ難色「暫定案」は3段階で(図)、代執行訴訟と行政不服審査請求の併用とい