13日に東京都内で開かれた「原発被害者訴訟原告団全国連絡会」結成集会。参加者は決意をこもごも語りました。福島県浪江町からは、津島地区住民のほぼ半数が原告に加わる「ふるさとを返せ津島原発訴訟」の今野秀則団長が発言しました。「原発事故のために不条理にも平穏な生活を突然断ち切られ、なれ親しんだ生活空間から切り離された。喪失感、空虚感、仮の生活を強いられる漂流感は耐え難いほどつらい」とのべました。「