沖縄県の翁長雄志知事は25日、県庁で記者会見し、抗告訴訟について、「国土交通大臣の執行停止決定の効力を失わせることにより、沖縄防衛局の埋め立て工事を止める有効な方法だと考えている」と強調し、「不退転の決意で思いを遂げていく」と話しました。国地方係争処理委が沖縄県の申し出を却下した翌日の提訴となったことについて翁長知事は、「全くの偶然」としつつ、7時間におよぶ議論もあったとして、「地方自治という