「いい判決が出たら結婚しようと話し合っていたのに」「自分は同姓、でも選択できる道は必要」民法(家族法)の夫婦同姓の強制の規定が、憲法13条(個人の尊重)、14条(法の下の平等)、24条(両性の平等)に違反するかどうかが問われた最高裁判所大法廷の判決(16日)で、合憲とされたことに怒りと驚きの声が起こりました。判断に批判の声上がる歴代政権が、1996年の法務省法制審議会による民法改正答申後も、