トルコ政府に向けた強い言葉ウラジーミル・プーチン大統領は3日、ロシア政府高官ら約1000人を前に、年次教書演説を行った。演説では、シリアからのテロの脅威を警告。さらに、トルコの戦闘機がロシアの戦闘機を撃墜したことを「後悔」させると、トルコ政府に対し、強い言葉を向けたものとなった。ドイツ公共放送ARDターゲスシャウが3日、報じた。プーチン大統領は、ロシアの戦闘機の撃墜を「狡猾な戦争犯罪」だと非難し、トルコが