日本共産党の志位和夫委員長は3日、国会内で記者会見し、沖縄県名護市辺野古への米軍新基地建設をめぐって2日に福岡高裁那覇支部で始まった、県と国が争う代執行訴訟について、翁長雄志知事が意見陳述で沖縄の米軍基地の原点に対する根本姿勢、日本の民主主義と地方自治という重要な論点を提示したと強調しました。志位氏は、翁長知事の意見陳述について「公有水面埋立法に基づく(承認)取り消しの是非だけでなく、沖縄の米