沖縄県名護市辺野古への米軍新基地建設で、工事の即時中止を求める抗議活動にたいし18日、屈強な海上保安官4人が抗議船に乗り込み、船長の体を押さえつけ船長が一時意識を失う事態がおきました。地元紙(沖縄タイムス)では「海保強権ぶり露呈」の見出しで大きく報道。「怖かった。殺されると思った」との船長の声を載せ、容体急変後も8分間、海上で拘束を続けたことを指摘しています。当日、別の船で抗議行動に参加して