日本原子力研究開発機構の高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)で多数の機器の点検漏れなど保守管理上の問題が繰り返されたことについて、原子力規制委員会は13日、同機構が「もんじゅの出力運転を安全に行う主体として必要な資質を有していない」として同機構に代わる適当な主体を示すよう、所管する文部科学相に勧告しました。2012年の規制委発足以来、規制委設置法に基づく初めての勧告となります。規制委の田中俊一