ミャンマー上下両院総選挙(8日投票)は、「変革」を掲げた国民民主連盟(NLD)党首のアウン・サン・スー・チー氏が国民の期待を一身に集める結果となりました。民主化、教育、医療、賃金引き上げなど、国民の期待はさまざま。一方で、軍の政治関与を制度化している現憲法下でどこまで「変革」が実現するのか、有権者の声には不安も交じります。(面川誠)テイン・セイン現政権は、政治囚の釈放、メディアの自由化、労組