【ワシントン=島田峰隆】国連総会第1委員会(軍縮・国際安全保障問題)が2日に採択した核兵器の非人道性に関する新たな決議案3本のうち、日本政府は、核兵器禁止条約の交渉開始を呼び掛ける2本に棄権しました。日本が棄権した決議案は、オーストリアなど43カ国が提案した「核兵器の禁止と廃絶のための人道の誓い」と、南アフリカなどが提案した「核兵器のない世界への道徳的な責務」。いずれも核兵器使用の非人道性を非