講演会「日本軍『慰安婦』問題とどう向き合うのか」が1日、東京・国立の一橋大学の学園祭で開かれ、会場いっぱいの約150人が参加しました。同大学の吉田裕教授は、「安倍内閣の積極的平和主義路線は、国民の歴史認識のつくり替えと常にワンセット」と指摘し、安倍談話の問題点と国民意識の変化を解説。安保法反対の若者の運動が広がる一方で、植民地支配や侵略戦争を「やむを得なかった」とする回答が増えていることを挙げ