2015年10月29日、ロイター通信によると、中国を訪問中のドイツのメルケル首相は同日、南シナ海問題について中国に国際裁判所で解決するよう促した。【その他の写真】メルケル首相は29日、南シナ海問題をめぐり、中国が造成した人工島から12カイリ以内に米海軍が艦船を航行させるなど、緊迫した状況となっていることに懸念を示した。交易ルートが自由に航行できる状態を維持することが重要だと述べ、中国に国際裁判所で問題を解決す