与野党の書記局長・幹事長会談が20日、国会内で開かれ、日本共産党など野党側は臨時国会を直ちに開くよう要求しました。自民党の谷垣禎一幹事長は「外交日程もあり、タイトである(立て込んでいる)ことも事実」だと述べた上で、「要請の件は前向きに(首相)官邸に伝えたい」と答えました。会談で野党側は、交渉内容が明らかにされないまま閣僚会合で「大筋合意」に至った環太平洋連携協定(TPP)交渉の問題や、安保法制