2015年10月15日、日本を訪れる中国人観光客の激増に伴い、新宿・歌舞伎町などで中国人が詐欺・ぼったくり被害に遭う事件も発生している。客引きの口車に乗せられて店に連れて行かれ、ぼったくり、クレジットカードの無断使用・支払強制などの被害に遭う事例が報告されている。しかし、観光のための短期滞在、言葉の壁、日本の法律面の不備といった原因が重なり、被害者の権益保護は困難だ。中国領事服務網の情報を引用し、人民網が