10月14日、日本協会は、なでしこジャパンの佐々木則夫監督の続投を正式発表した。 準優勝した今年6月のカナダ女子ワールドカップ後、佐々木監督はその進退が注目されていたが、来年2月のリオ五輪アジア最終予選に向け、日本協会と契約を更新することとなった。【女子W杯PHOTOギャラリー】なでしこジャパン「激闘の軌跡」 ただ、「期間、内容は答えられない」(大仁邦彌日本協会会長)と、契約内容の詳細は明らかに