中国政府外交部の華春瑩・副報道局長は10日の記者会見で、戦時中の旧日本軍による「南京大虐殺」と従軍慰安婦の強制徴用に関する史料を、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界記憶遺産に登録するよう申請したと述べた。目的について、「歴史を忘れず、平和と人類の尊厳を守り、人道に反する罪を繰り返さないようにするためだ」と説明した。写真は江蘇省南京市の南京大虐殺記念館内にて。(写真は「CNSPHOTO」提供)サーチナ

南京大虐殺文書のユネスコ登録は公平か 全否定ではなく主張する態度が必要

ざっくり言うと

  • 南京大虐殺文書のユネスコ記憶遺産登録が決定し、日本政府は遺憾の意を表明
  • 中国の「30万人の犠牲者」を認めさせようとする姿勢を、筆者は批判している
  • 南京大虐殺に対しては全否定ではなく、間違いを主張する態度が必要だと指摘

ランキング