自民党の小渕優子元経済産業相(衆院群馬5区)の関連政治団体をめぐる政治資金規正法違反事件で、同法違反(虚偽記載)罪に問われた元群馬県中之条町長、折田謙一郎被告(67)ら元秘書2人の判決が9日、東京地裁でありました。園原敏彦裁判長は、「政治活動に対する国民の不断の監視と批判の機会をないがしろにする悪質な犯行である」として、折田被告に禁錮2年、執行猶予3年、小渕氏の資金管理団体「未来産業研究会」の