今年のノーベル賞が次々発表され、医学生理学賞は北里大特別栄誉教授の大村智氏に、物理学賞は東京大学宇宙線研究所長の梶田隆章氏に、それぞれ受賞が決まりました。人類への計り知れない貢献をもたらした、日本人研究者の偉業に心から敬意を表します。基礎研究の重要さを示す大村氏は、米ドルー大学のウィリアム・キャンベル氏とともに、中南米やアフリカで流行する寄生虫病・オンコセルカ症(河川盲目症)などの特効薬イベル