【パリ=島崎桂】ギリシャ総選挙(一院制、定数300)が20日、投開票され、チプラス前首相率いる与党・急進左派連合(SYRIZA)が第1党を獲得、同国での左派政権の存続と併せ、8月に辞任したチプラス氏の首相再任が確実となりました。緊縮実施など問われるSYRIZAは約35%を得票し、過半数には届かないものの第1党に与えられる50議席を加えた145議席を獲得しました。1月の総選挙で得た149議席には及び