日本共産党の山下芳生書記局長は14日の参院安保法制特別委員会で、新たな日米ガイドライン(日米軍事協力のための指針)と戦争法案によって運用から訓練、基地まで米軍と自衛隊の一体化が進む危険性を明らかにし、廃案を厳しく迫りました。安保条約の枠も超え日米が地球規模で平時から有事まで「切れ目なく」共同対処することをうたった新ガイドライン。自衛隊統合幕僚監部の内部文書から明らかなように、戦争法案はガイドラ