天皇杯2回戦の13試合が5日に行なわれ、J1の広島、川崎、湘南、J2の大分、札幌などが順当に3回戦へ駒を進めた。 広島は広島経大戦で、浅野、野津田がそれぞれ2得点ずつ奪う活躍などで、8-0と大勝を収めた。また、湘南は桐蔭横浜大に対し、藤田や山田らのゴールで一時は3点リードしたものの、終盤に猛反撃に遭って辛くも4-3で逃げ切った。 また札幌-横浜FC戦で、札幌は小野伸二と稲本潤一のベテランコン