塩崎恭久厚生労働相は27日の参院厚労委員会で、労働者派遣法改悪案が施行されれば、以前に結ばれた派遣契約で「期間制限」違反が生じても「労働契約申し込みみなし制度」を適用しないとの解釈を初めて示しました。これに対し、日本共産党の小池晃議員は「本来、派遣先に直接雇用されることを期待していた労働者の権利が奪われる。条文にも明記されていない」と批判しました。塩崎氏は答弁に立つことができず委員会は散会となり