■鹿島アントラーズ心配は柴〓のコンディション、どこまで回復できるかがカギ鹿島はトニーニョ・セレーゾ前監督から石井正忠監督に交代してから3連勝。2ndステージ2位に浮上するなど波に乗っている。特に12日の広島戦は先制してからの試合運びが秀逸だった。敵陣に入っても慌てて攻めずにじっくりとボールを回して、時間を使った。守備陣も相手のカウンターに備えて、最後の局面は体を張って止め、1点を守りきった。シュート