【ソウル=栗原千鶴】韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会(挺隊協)は12日、「慰安婦」問題に対する日本政府の謝罪と早期解決を求め、ソウル市内の在韓日本大使館前で抗議行動を行いました。「(被害者に)名誉と人権を」「日本政府は公式な謝罪を」などと書いたプラカードなどを手にした参加者2000人以上が、大使館前の通りを埋めつくしました。1992年1月から毎週行われている水曜デモは、1191回を迎えました