8月9日、日本は東アジアカップ最終戦を中国と戦い、1-1で引き分けた。その結果、日本は初めて東アジアカップで1勝も挙げられず、最下位に沈んで大会を終えた。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は試合後の記者会見を「いい試合だった」とスタートした。そして最近の記事に対して「少し怒りたい」と不満をぶつけた。ここにその全文を掲載する。「おそらく今日の試合は私にとって久しぶりの一番いい試合だったと思います。内容について