「粛々と進めていく」―。県民世論を意に介さず、沖縄県名護市辺野古での新基地建設を予定通り強行する姿勢を繰り返していた政府を追い詰め、1カ月とはいえ、工事の全面停止に追い込んだことは、幅広い県民・市民の粘り強い運動の成果です。新基地建設はもはや、政府の意向だけで「粛々」とは進まなくなったのです。加えて、米軍が管理権を有する辺野古の臨時制限区域での県の立ち入り調査を日米両政府に認めさせたことは、日